商品先物の研究をしています

商品先物でスイングトレード

人気と言う観点からは、FXとは正反対である商品先物ですが、実は非常にトレードしやすいというのはあまり知られていません。トレードしたらハマってしまったという尾崎塾塾生さんもいてます。ただ、流動性という観点からは銘柄を選ぶ必要があります。最初は、金からスタートするのがいいでしょう。

まずは、原油の日足チャートを見てください。

チャート内の移動平均線は、25日移動平均線と25日移動平均線です。ちょうどデッドクロスしたところです。売りを仕掛けたくなる局面です。

流動性の観点からメインのトレード対象を商品先物と言う人は少ないと思います。なので、頻繁にトレードするのではなく、チャンスが来たらエントリーするというのがいいでしょう。

上記のタイミングも絶好のタイミングです。こういう局面だけエントリーすれば、商品先物も非常に楽しくトレードできます。

この後の動きはどうなったかと言いますと、次のチャートです。

これは暴落ともいえる下落です。ちょっと原油やガソリンをトレードした人はイメージできると思いますが、かなりの利益が出ています。

これが商品先物の面白いところです。また、トレンドが出たらそれなりに継続することが多く、しかも、もみ合い局面も少ないです。

次はゴムのチャートです。これは、2011年のゴムバブルの頂点を捉えた時のチャートです。

次はゴムの週足チャートです。頂点から転げ落ちているのが分かります。これだからトレードはやめられません。

この当時は、セミナーでもゴムバブル崩壊についての話で盛り上がりました。チャート的にも2011年2月には上昇の最終局面の加速もありますので、分かりやすかったかなとと思います。

ゴムバブル崩壊を捉えたエントリーのタイミングもブログで書いていますので、ちょっと覘いてみてください。ちなみに2011年2月24日の午前11時半ごろに書いたブログの内容です。

いやいや、長い上昇トレンドも終焉をむかえた東工ゴム!
さすがに落ちだしたら早いですね。

今日の日足と5分足のチャート。
タイミングも取りやすいですね。

※チャートはこちらご確認ください。

これが商品先物の醍醐味!さぁ~、今日も上手くエントリー出来たらスイングトレードに持ち込み、引っ張ろうかな。大きな利益が狙えるし。

今後は商品先物のビッグチャンスには、ぜひ仕掛けましょう!

 

 

両親の趣味に引き込まれる~私がZoomを使うきっかけ~

結婚してもうそろそろ10年になる今年、離れて住む両親が

最近になってやっとPCを本格的に触り始めたらしい。

父はもうそろそろ退職するので、その後を如何に過ごすか?と

考えた挙句、パソコンと言うものにたどり着いたみたいだ。

もちろん、両親よりも私のほうがPCを触る時間は圧倒的に

多いのだが、日がな一日向き合ってあれやこれやといじっている

父は一通りの機能を理解できるまでになっている。

これには内心ちょっと驚きだったけど、ささやかな楽しみを

見つけてくれた両親の新しいスタートに喜んだ。

 

中でも『Zoom』と言うにはまりつつあってやたらと誘ってくる。

誘ってくるだけあって、Zoomの使い方に

関しては私よりも詳しそうだ。

Zoomの存在こそ知ってはいたものの、私は実際Zoomの使い方は

全く知らない。

そんな両親に負けまいと、私もZoomの使い方を初めから勉強することに

した。

もちろん、スマフォからも出来る方法もあるが、さすがにそれは

抵抗があった。手持ちのノートPCを使って早速始めてみる。

 

ホストになる父からの招待メッセージを確認して、向こうの送ってくれた

URLをクリック。

Zoomをダウンロードした後、名前を入力したらZoomの完了

これでいよいよ使える段階までこぎつけた。

私は慣れているからすぐ分かるものの、PC初心者さんの両親にとっては

Zoomの使い方を習得するまで相当な時間がかかったことだろう。

 

いわゆるテレビ電話と言えば、Skypeを連想するが、Zoomは最近注目の

ツールらしい。

Skypeが1対1なのに対してZoomはもっと個別に部屋を作って

そこで好きに会話を楽しむことが出来るらしい。

しかもSkypeはお互いのIDを交換しないとグループでの会話ができないようで

何かと面倒らしい。

極めつけは音声品質。Skypeはなかなか安定しづらく、切れることが多く

イマイチ。

その点、Zoomは優れていると言われているらしい。

・・・と両親の新しい試みにすっかり付き合わされる型になった。

私も負けてられない。両親よりもっと詳しくならないと。

私はZoomの使い方をこのサイトで勉強している。

お陰でSkypeとZoomの使い方の違いが分かって随分プラスになった。

出張で証明できたレンタカー

新しい年になっていきなりの沖縄出張が決まり、心の中では嬉しい気持ちと

残念な気持ちとが入り混じって何とも言えない複雑な感覚でいた。

日本の北では寒波の影響で交通機関に大きな影響が出ているとか

センター試験に遅れた生徒が別室で受験したとか言う話を

テレビで聞くこの真冬の時期に沖縄なんて、そりゃ複雑な心境に

ならざるを得ないと誰もが思うだろう。

それも大体4日ぐらい、と言う曖昧な日程。

相手の仕事次第で延びることも考えられるらしいのだ。

荷物ももちろんだが、沖縄ではレンタカーを足にしないと

どうしようもない。

資料作りだけでもずいぶんと時間を取られてしまったので

全く余裕もなく当日を迎えてしまっていた。

同僚の話では思ったよりも簡単に沖縄に着いた当日、レンタカーを借りることが

できるという事だったので、敢えて後回しにしてしまったというのが本音。

真冬のこんな時期だからこそ、できるのかも知れないなと

一人で考えながら搭乗した。

.これが夏休みにかかるような時期だったらとんでもないことになっているだろう。

飛行機の中では眠りにつくつもりだったのだが、後ろのほうにいる

子供が寝ぐずりをしているらしく騒いでいたお陰で、タイミングを逸してしまた。

今日は空港でレンタカーを借りて早めにホテルに入ってゆっくりした後

ステーキでも食べに行こうと楽しみにしながら到着を待った。

それにしても冬でも沖縄那覇空港は人が多い。

これだけ観光客が居るなか、沖縄で当日レンタカーを借りると言う無謀な

ことをしようとしているのは自分だけだと思う。

そんな想像をしただけでも一人で笑ってしまいそうだ。

荷物を持ってさっさと飛行機をあとにしたらレンタカーを借りる手続きカウンターに向かう。

二人の女性が並んで迎えてくれたが、もちろん自分の好みの女性のほうに

話しかけた。笑

細かいリクエストなどを丁寧に聞いてきたが、とにかく自分ひとりなので

今回は完全なる『足』として使うので一番小さいクラスで充分だ。

と言うわけで手続きは10分ほどで完了。

東京のオフィスで準備しながらレンタカーの心配をしなくても

沖縄では当日レンタカーの手配が可能だということを身を持って証明できた出張になった。

四国がきっかけの車見積もり

災難だった、これは大きな交通事故に遭うのと同じくらい災難だった。

週末の天気は行楽日和だといわれたある土曜日、彼女と

車で四国にドライブに行くことになった。

連休なら混雑もあるだろうが、いわゆる週末なのでそんなに

混雑もないだろうと調子よく走り始めたとき、いきなりナビが

映らなくなってしまったのだ。

彼女を拾い、ナビオンリーで目的地まで行く予定だったのに

頼みの綱がないのは辛い。

取り敢えず彼女と待ち合わせした場所に行き、そこから本屋さんに

駆け込んだ。地図を見ながら運転するなんて何年振りだろう。

これから楽しくラクにドライブしようと思っていたのに

これでは気を抜くことすらできなそうだ。

彼女が横に乗っていてくれるので、地図案内でもなんとか行けたが

来月4回目の車検を控えた車はもうそろそろ限界を訴えはじめていた。

『そろそろ乗り換えの時期かなぁ~』

と何気なくつぶやいたら

『ネットで見積もり依頼してみたら?』と彼女が提案。

 

そういえば枚方市には車の買取店が多いほうだが、いつも素通り。

自分には全く関係のない店だと思っていた。

それに、一度立ち寄るとなかなか抜け出せず、ダラダラと長くなる

イメージがあり、ぢちらかと言うと苦手な場所だった。

 

枚方市の車買取店は意外に沢山あった。

これは簡単。今までは全く興味のない分野だったのでこんなにすんなり

見積もりが返ってくるなんて思ってもみなかった。

休憩で寄ったカフェでゆっくり座ってコーヒーを飲みながら

デートの途中で枚方市で車買取の見積もりができるなんて本当に便利。

 

僕の場合、ただ単にナビが故障しただけだったら真剣に考えないのだが

さすがに4回目の車検ともなると僕の重い腰もすんなり上がった。

一店舗ずつ回るよりも、ネットで依頼したほうが早い事を実感した。

ネットで前もって価格を知ったうえで店舗を訪れて価格交渉できるので

カーディーラーよりもこちらの値段の提示がしやすい。

 

彼女と僕の四国へのドライブは、次の車を買うための準備段階のような

何とも言えない時間になったけれど、僕の目標であった

新車購入の可能性を一層高めるきっかけになってくれた。

既婚者の飲み会で生活にスパイス!

去年からの年末年始は、今まで私が生きてきて一番『らしくない』慌しい
年の瀬&新年でした。

ひとつ大きな理由は、大人の飲み会Cocodearに行ってきたことです。
そこですてきな出会いがありました。

百貨店の売り場責任者の主人は結婚して17年、一緒にゆっくりとお正月を
迎えたことがありません。
息子が小さかった頃は一緒に出掛けてお買い物を手伝ってくれたのですが
今はもう大学生になり、アルバイトに忙しい毎日。

時間を持て余した私はお昼間にたまたま見つけた
『既婚者の飲み会Cocodear』のイベントに参加してきました。
悪いことをしているわけではないけれど、やっぱり既婚者同士の飲み会となると
かなり緊張&期待が入り混じります。
若いときに経験したコンパのような感じかと想像していたら、もっと落ち着いた
まさに大人の飲み会。

司会の女性が話したあと、すぐに乾杯♪
すぐに隣になった男性が話しかけてきました。

『こう言うの、良く来るんですか?』

さっき着席するときにルックスはチェック済みだけど、なかなかの爽やかタイプ。

『今日が初めてなんです。』どことなくいつもよりも声のトーンが上あがってしまい
わざとらしくなってしまいました。

『僕は2回目かな。今日はよろしく』初めて会った男性とグラスを傾け合います。
結婚以来こんな風景さえ考えられないことで、初
初めから既婚者の飲み会に対しての印象がめちゃくちゃ良くなりました。

既婚者の飲み会ってどちらかと言うと陰に隠れたくなうるような感じだけれど
自分が参加してみるとそんな感じはぜんぜんありませんでした。

飲み会イベントは全部で2時間。その間 2回から3回席替えを指示してくれたので、多くの男性と話すことができました。

席替えのタイミングで、隣になった男性から『Line交換しようか』と言われ
若い頃に味わった何とも言えない嬉しさが湧き上がりました。
この先の方向を約束されたわけでもないのに、ドキドキ感が蘇りました。

既婚者の飲み会って、こんなに節度があってきれいな感じなんだ・・・と
気を良くした私は、帰りの電車の中で次回参加の申し込みを済ませました。
思っていたよりも安心して参加できる既婚者の飲み会は単調になりがちな
日常生活の良いスパイスになりました!

大阪で既婚者の飲み会を探すなら Cocodear大阪

手軽なネット予約でスマート移動

今年の北海道は雪の量が凄くて、冬本番を迎える前から私のワクワク感は

相当なものでした。

気軽に北海道でレンタカーを借りて空港近くで返却、搭乗と言う乗り捨てが

できるのは本当に便利です。

若い頃に流行って夢中だったスノボにまた凝り始めたのは去年のこと。

友達に何気なく誘われて行った地元の小さなスキー場で久しぶりに

スノボをやったら、そこで火がついてしまったのです。

私が北海道に住んでいた頃は、一人でも出掛けていってよく夕方まで

滑っていました。

北海道にはいけないけど、今年もその調子で、一人でも運転して行ける

比較的近いスキー場に何度も行って満足するつもりでした。

大学を卒業して、大好きなスポーツに関する事に携わりたいと

都内の有名スポーツメーカーに就職したわたし。

配属された部署は実際に製品に関わる部ではなかったので、数年は事務職で

頑張ったあと、希望して新商品開発部門に行くことができました。

年齢が上がるにつれて少しずつ責任のあるお仕事も任されるようになって

時間が取れなくなってしまい、スキーからはかなり遠ざかっていたのです。

 

それでも逆に考えると自分のスケジュールさえ組んでしまえばそれを中心に

お休みできるので決心さえすれば実現できた北海道スキー。

そこに訪れた種火になるスノボ。

数年ぶりに滑ったらすぐに感覚を取り戻して 以前よりも大胆な面白さを

発見できました。

こなったら、週末でも動ける!と一念発起した私は格安のチケットを使って

1泊2日で北海道スキーを楽しむことにしました。

北海道の空港からスキー場まではレンタカーを借りるのが一番便利。

北海道に発つ前の空港で、当日のネット予約だってできちゃう。

多人数の場合は無理でも、一人だと自由になるので車種もお任せでリクエスト。

世間では雪が多くて大変 とか寒い!とか雪を邪魔者扱いされることのほうが

多いけど、私にとっては嬉しい環境です。

前日ギリギリまで仕事に追われて段取る暇もない独身さんにとっては

北海道で当日レンタカーを借りるのもあり、と言うわがままなリクエストを叶えてくれるのは

やっぱりネット予約。

空港の待ち時間に出来るので便利です。

今週末も実家に寄りがてらスキーを楽しんできます!

枚方市で車を高く売りたい

私の実家は大阪の枚方市という所です。これを「ひらかた」と正しく読める人は関西以外ではなかなかいない読み方ではないでしょうか。私は仕事で都内に住んでいるのですが、枚方へ帰ると大阪弁丸出しになります。笑

そんな枚方の実家から久しぶりに連絡があった。年末年始は数年に一度くらいのペースで実家に帰るけど、この時期の連絡は毎年のことです。特に気にも留めずに電話に出た。

 

「あんた、今年の年末は枚方に帰ってくるん?」

「せやね、今年は久しぶりに帰ろっかなって考えとるよ」

 

母との会話ではこんな感じでナチュラルに大阪弁です。またお土産に東京ばな奈でも欲しい、といった話なのかな?と思ったけど違った。

 

「お父さんが車を買い替えようって言うてるんやけど、あんたどこで売ったらええか分かる?あんたの同級生で車に詳しい子おったやん。ちょっと聞いてみてや」

 

母よ、案外大きな話を持ってきてくれたわね・・・。父は今までSUVタイプの車に乗っていた。車通勤で仕事をしていたのもあるけど、若い頃の憧れだったから初心を忘れないようにってのもあったみたい。

 

でも、この秋に定年退職してからは母と2人で乗りやすい車の方が良いということで軽自動車を検討してるみたい。そこで、今の車を買取りに出そうというわけだ。

 

枚方市も結構広いし、車の買い取り業者はたくさんありそうだけど・・・どれが一番良いかっていうのは私もすぐには答えられない。「枚方市 車 買い取り」で検索してみただけでも結構な数がヒットする。

 

1軒ずつ見積もりしてもらうのは大変だし、何より車って車種によって大きく評価も変わるみたいだから絶対にここ!とは言えないのを聞いたことがある。

 

私は地元の同級生に連絡してみた。その友人は夫婦共に私の同級生で、旦那さんの方が車関係の仕事をしている。この問題には打ってつけだ。

 

最初は実家に帰って会うことが出来たら話が進むかなーなんて思ったけど、思いのほか早く解決した。

 

LINEでくれた返事が「ここのサイトで調べたらすぐに行けるでー」とのこと。

 

確かに!これなら車の情報と自分のアドレスとかを入力するだけですぐに最高値が分かるのは助かるわ。

 

紹介してくれた、枚方市で車買い取りサイトはここ

 

今年の年末帰省はこの情報が何よりのお土産になりそうね。

ツイているのかツイていないのか

ここ2~3週間はついていないことが続いているように思います。

いつも仲良くしている仲間たちで夏の旅行計画を立てようと仕事が終わってから会うことになりまし

た。

どうせ行くのなら話題のタイ料理屋さんが良いと、早速ネット予約を入れました。

 

週末一歩手前だったせいか、すんなり予約が完了し旅行の計画と合わせてとても楽しみにしていまし

た。

実は学生の頃からタイが好きで、卒業旅行のときは一人でタイ旅行をしようかと思ったほどでした。

結局は友達と数人でアメリカ旅行をすることになったのですが。それ以来、やっぱりタイへの夢は捨て

きれずにいるので毎年夏休みになるといわゆる『タイ意欲』がふつふつと湧いてくるのでした。

 

みんなが集まって、さぁ!食べようと思った瞬間、なぜかお料理が載っていたテーブルの足が傾き、上

に載っていたタイ料理が全部自分に向かってすべり落ちてきたのです。

今から食べようと思っていたお料理たちは無残にも床めがけてまっしぐら。

その前に私の履いていた白のパンツがほぼ赤や茶色に染まった状態は想像を超えていました。

お店の人は平謝りでしたが、旅行の計画をする段階から出鼻をくじかれた思いでわくわくな気分はトー

ンダウンでした。

 

先週、新しい洋服を買おうとお気に入りのブランドが入ったお店ではまたもやとんだハプニングがあり

ました。

買う前に試着しようと思い、店員さんにすすめられて試着室に。

履いたあと最後にファスナーを閉めようとひぱったら、なぜか『ビリッ!』と音を立ててファスナーの

一部が敗れてしまったのです。

普通に閉めようとしただけなのに・・・

ただ、試着しただけだったのに・・・

もちろん、すぐに試着室から出て店員さんに話すと表向きの笑顔で『大丈夫ですよ~』と軽く流されま

した。

きっとあの店員さんは周りの友達にこの事を話して大笑いするネタにするんだろうなぁと思うと悔しい

気持ちでいっぱいになります。

 

久しぶりに実家に帰ってこの2つの悪夢の話を母にすると、何かが憑いているのでは?

と恐ろしい方向に話が展開してしまいました。

その話を聞いたときには逆に『怖すぎる』と思っていましたが身に付けなくても自分の思いを強く持つ

ことによって力を発揮する護符の存在を知り、それだったら良さそうと思って早速購入しました。

かなえやというサイトの護符は母の経験上折り紙付きのようです。まあ、これまでこの手のことで外したことのない母の事だから安心できるかな?

願いがかなうかなえやの護符を手に入れるにはこのサイトからです

持っていると思うと見守られている気分になって不思議と気持ちがスーッとしました。

何にでも興味津々生活-29歳の思い

私は、昔から何でも興味を持つタイプ。

近所で火事があったら必ず見に行っていました。

一度など、朝起きたら隣の隣の家が焼け落ちていたときなどはその話を聞きたいがために、会社を休んだほど。

それにしても、そんな間近で火事があって大騒動だったのに何故、呑気に寝ていたのか、それが29年間の人生最大の汚点と思えるくらいの出来事でした。

街角のケンカなども必ず見に行っていました。

何か変わったことが好きで見に行っていたのです。

そこには、見たことによって何かを学ぼうという姿勢は皆無で何を見ても『すごいな・・』の一言。

その『すごいな』のために会社を休んだことがあるのです。

近所の家事のこともすごいけど、何年に一度の大雨のときもすごかった。

朝から降り始めた雨は止むような素振りはなくどんどん雨脚が強くなってきたのです。

事情を聞けば近くの小さな川が洪水であふれたという。

ここでもやはり見に行きました。

いや、これは見に行かねばならぬ、です。笑

頭で考えるよりも行動が先なタイプ。

会社のことはすっ飛んでいた。なんせ洪水ですよ。

いつもは小さくて穏やかな川がゴーゴーと言いながらかかっている橋に水を叩きつけていました。

まるで、普段は穏やかで怒ったこともないような人が怒ると怖いと思えるような光景が広がっていました。

意外な一面を見た気分と言ったほうがいいのか。

本当にすごい状況だったので、SNSに投稿してしまいました。

不幸な出来事をアップするのはどうかと、一瞬ためらいましたが洪水はいつもとは違う大事件です。

でも、考えてみると私がいつも野次馬根性で見に行っている出来事は直接自分の事となったら野次馬たちを『何で見に来るの?!』って逆に思うと思います。

もうそろそろ野次馬根性から脱却しなくてはいけないなぁと思い始めたのでした。