月別: 2017年6月

ツイているのかツイていないのか

ここ2~3週間はついていないことが続いているように思います。

いつも仲良くしている仲間たちで夏の旅行計画を立てようと仕事が終わってから会うことになりまし

た。

どうせ行くのなら話題のタイ料理屋さんが良いと、早速ネット予約を入れました。

 

週末一歩手前だったせいか、すんなり予約が完了し旅行の計画と合わせてとても楽しみにしていまし

た。

実は学生の頃からタイが好きで、卒業旅行のときは一人でタイ旅行をしようかと思ったほどでした。

結局は友達と数人でアメリカ旅行をすることになったのですが。それ以来、やっぱりタイへの夢は捨て

きれずにいるので毎年夏休みになるといわゆる『タイ意欲』がふつふつと湧いてくるのでした。

 

みんなが集まって、さぁ!食べようと思った瞬間、なぜかお料理が載っていたテーブルの足が傾き、上

に載っていたタイ料理が全部自分に向かってすべり落ちてきたのです。

今から食べようと思っていたお料理たちは無残にも床めがけてまっしぐら。

その前に私の履いていた白のパンツがほぼ赤や茶色に染まった状態は想像を超えていました。

お店の人は平謝りでしたが、旅行の計画をする段階から出鼻をくじかれた思いでわくわくな気分はトー

ンダウンでした。

 

先週、新しい洋服を買おうとお気に入りのブランドが入ったお店ではまたもやとんだハプニングがあり

ました。

買う前に試着しようと思い、店員さんにすすめられて試着室に。

履いたあと最後にファスナーを閉めようとひぱったら、なぜか『ビリッ!』と音を立ててファスナーの

一部が敗れてしまったのです。

普通に閉めようとしただけなのに・・・

ただ、試着しただけだったのに・・・

もちろん、すぐに試着室から出て店員さんに話すと表向きの笑顔で『大丈夫ですよ~』と軽く流されま

した。

きっとあの店員さんは周りの友達にこの事を話して大笑いするネタにするんだろうなぁと思うと悔しい

気持ちでいっぱいになります。

 

久しぶりに実家に帰ってこの2つの悪夢の話を母にすると、何かが憑いているのでは?

と恐ろしい方向に話が展開してしまいました。

その話を聞いたときには逆に『怖すぎる』と思っていましたが身に付けなくても自分の思いを強く持つ

ことによって力を発揮する護符の存在を知り、それだったら良さそうと思って早速購入しました。

持っていると思うと見守られている気分になって不思議と気持ちがスーッとしました。

何にでも興味津々生活-29歳の思い

私は、昔から何でも興味を持つタイプ。

近所で火事があったら必ず見に行っていました。

一度など、朝起きたら隣の隣の家が焼け落ちていたときなどはその話を聞きたいがために、会社を休んだほど。

それにしても、そんな間近で火事があって大騒動だったのに何故、呑気に寝ていたのか、それが29年間の人生最大の汚点と思えるくらいの出来事でした。

街角のケンカなども必ず見に行っていました。

何か変わったことが好きで見に行っていたのです。

そこには、見たことによって何かを学ぼうという姿勢は皆無で何を見ても『すごいな・・』の一言。

その『すごいな』のために会社を休んだことがあるのです。

近所の家事のこともすごいけど、何年に一度の大雨のときもすごかった。

朝から降り始めた雨は止むような素振りはなくどんどん雨脚が強くなってきたのです。

事情を聞けば近くの小さな川が洪水であふれたという。

ここでもやはり見に行きました。

いや、これは見に行かねばならぬ、です。笑

頭で考えるよりも行動が先なタイプ。

会社のことはすっ飛んでいた。なんせ洪水ですよ。

いつもは小さくて穏やかな川がゴーゴーと言いながらかかっている橋に水を叩きつけていました。

まるで、普段は穏やかで怒ったこともないような人が怒ると怖いと思えるような光景が広がっていました。

意外な一面を見た気分と言ったほうがいいのか。

本当にすごい状況だったので、SNSに投稿してしまいました。

不幸な出来事をアップするのはどうかと、一瞬ためらいましたが洪水はいつもとは違う大事件です。

でも、考えてみると私がいつも野次馬根性で見に行っている出来事は直接自分の事となったら野次馬たちを『何で見に来るの?!』って逆に思うと思います。

もうそろそろ野次馬根性から脱却しなくてはいけないなぁと思い始めたのでした。