月別: 2018年1月

両親の趣味に引き込まれる~私がZoomを使うきっかけ~

結婚してもうそろそろ10年になる今年、離れて住む両親が

最近になってやっとPCを本格的に触り始めたらしい。

父はもうそろそろ退職するので、その後を如何に過ごすか?と

考えた挙句、パソコンと言うものにたどり着いたみたいだ。

もちろん、両親よりも私のほうがPCを触る時間は圧倒的に

多いのだが、日がな一日向き合ってあれやこれやといじっている

父は一通りの機能を理解できるまでになっている。

これには内心ちょっと驚きだったけど、ささやかな楽しみを

見つけてくれた両親の新しいスタートに喜んだ。

 

中でも『Zoom』と言うにはまりつつあってやたらと誘ってくる。

誘ってくるだけあって、Zoomの使い方に

関しては私よりも詳しそうだ。

Zoomの存在こそ知ってはいたものの、私は実際Zoomの使い方は

全く知らない。

そんな両親に負けまいと、私もZoomの使い方を初めから勉強することに

した。

もちろん、スマフォからも出来る方法もあるが、さすがにそれは

抵抗があった。手持ちのノートPCを使って早速始めてみる。

 

ホストになる父からの招待メッセージを確認して、向こうの送ってくれた

URLをクリック。

Zoomをダウンロードした後、名前を入力したらZoomの完了

これでいよいよ使える段階までこぎつけた。

私は慣れているからすぐ分かるものの、PC初心者さんの両親にとっては

Zoomの使い方を習得するまで相当な時間がかかったことだろう。

 

いわゆるテレビ電話と言えば、Skypeを連想するが、Zoomは最近注目の

ツールらしい。

Skypeが1対1なのに対してZoomはもっと個別に部屋を作って

そこで好きに会話を楽しむことが出来るらしい。

しかもSkypeはお互いのIDを交換しないとグループでの会話ができないようで

何かと面倒らしい。

極めつけは音声品質。Skypeはなかなか安定しづらく、切れることが多く

イマイチ。

その点、Zoomは優れていると言われているらしい。

・・・と両親の新しい試みにすっかり付き合わされる型になった。

私も負けてられない。両親よりもっと詳しくならないと。

私はZoomの使い方をこのサイトで勉強している。

お陰でSkypeとZoomの使い方の違いが分かって随分プラスになった。

出張で証明できたレンタカー

新しい年になっていきなりの沖縄出張が決まり、心の中では嬉しい気持ちと

残念な気持ちとが入り混じって何とも言えない複雑な感覚でいた。

日本の北では寒波の影響で交通機関に大きな影響が出ているとか

センター試験に遅れた生徒が別室で受験したとか言う話を

テレビで聞くこの真冬の時期に沖縄なんて、そりゃ複雑な心境に

ならざるを得ないと誰もが思うだろう。

それも大体4日ぐらい、と言う曖昧な日程。

相手の仕事次第で延びることも考えられるらしいのだ。

荷物ももちろんだが、沖縄ではレンタカーを足にしないと

どうしようもない。

資料作りだけでもずいぶんと時間を取られてしまったので

全く余裕もなく当日を迎えてしまっていた。

同僚の話では思ったよりも簡単に沖縄に着いた当日、レンタカーを借りることが

できるという事だったので、敢えて後回しにしてしまったというのが本音。

真冬のこんな時期だからこそ、できるのかも知れないなと

一人で考えながら搭乗した。

.これが夏休みにかかるような時期だったらとんでもないことになっているだろう。

飛行機の中では眠りにつくつもりだったのだが、後ろのほうにいる

子供が寝ぐずりをしているらしく騒いでいたお陰で、タイミングを逸してしまた。

今日は空港でレンタカーを借りて早めにホテルに入ってゆっくりした後

ステーキでも食べに行こうと楽しみにしながら到着を待った。

それにしても冬でも沖縄那覇空港は人が多い。

これだけ観光客が居るなか、沖縄で当日レンタカーを借りると言う無謀な

ことをしようとしているのは自分だけだと思う。

そんな想像をしただけでも一人で笑ってしまいそうだ。

荷物を持ってさっさと飛行機をあとにしたらレンタカーを借りる手続きカウンターに向かう。

二人の女性が並んで迎えてくれたが、もちろん自分の好みの女性のほうに

話しかけた。笑

細かいリクエストなどを丁寧に聞いてきたが、とにかく自分ひとりなので

今回は完全なる『足』として使うので一番小さいクラスで充分だ。

と言うわけで手続きは10分ほどで完了。

東京のオフィスで準備しながらレンタカーの心配をしなくても

沖縄では当日レンタカーの手配が可能だということを身を持って証明できた出張になった。

四国がきっかけの車見積もり

災難だった、これは大きな交通事故に遭うのと同じくらい災難だった。

週末の天気は行楽日和だといわれたある土曜日、彼女と

車で四国にドライブに行くことになった。

連休なら混雑もあるだろうが、いわゆる週末なのでそんなに

混雑もないだろうと調子よく走り始めたとき、いきなりナビが

映らなくなってしまったのだ。

彼女を拾い、ナビオンリーで目的地まで行く予定だったのに

頼みの綱がないのは辛い。

取り敢えず彼女と待ち合わせした場所に行き、そこから本屋さんに

駆け込んだ。地図を見ながら運転するなんて何年振りだろう。

これから楽しくラクにドライブしようと思っていたのに

これでは気を抜くことすらできなそうだ。

彼女が横に乗っていてくれるので、地図案内でもなんとか行けたが

来月4回目の車検を控えた車はもうそろそろ限界を訴えはじめていた。

『そろそろ乗り換えの時期かなぁ~』

と何気なくつぶやいたら

『ネットで見積もり依頼してみたら?』と彼女が提案。

 

そういえば枚方市には車の買取店が多いほうだが、いつも素通り。

自分には全く関係のない店だと思っていた。

それに、一度立ち寄るとなかなか抜け出せず、ダラダラと長くなる

イメージがあり、ぢちらかと言うと苦手な場所だった。

 

枚方市の車買取店は意外に沢山あった。

これは簡単。今までは全く興味のない分野だったのでこんなにすんなり

見積もりが返ってくるなんて思ってもみなかった。

休憩で寄ったカフェでゆっくり座ってコーヒーを飲みながら

デートの途中で枚方市で車買取の見積もりができるなんて本当に便利。

 

僕の場合、ただ単にナビが故障しただけだったら真剣に考えないのだが

さすがに4回目の車検ともなると僕の重い腰もすんなり上がった。

一店舗ずつ回るよりも、ネットで依頼したほうが早い事を実感した。

ネットで前もって価格を知ったうえで店舗を訪れて価格交渉できるので

カーディーラーよりもこちらの値段の提示がしやすい。

 

彼女と僕の四国へのドライブは、次の車を買うための準備段階のような

何とも言えない時間になったけれど、僕の目標であった

新車購入の可能性を一層高めるきっかけになってくれた。

既婚者の飲み会に行こう!

去年からの年末年始は、今まで私が生きてきて一番『らしくない』慌しい
年の瀬&新年でした。

ひとつ大きな理由は、大人の飲み会Cocodearに行ってきたことです。
そこですてきな出会いがありました。

百貨店の売り場責任者の主人は結婚して17年、一緒にゆっくりとお正月を
迎えたことがありません。
息子が小さかった頃は一緒に出掛けてお買い物を手伝ってくれたのですが
今はもう大学生になり、アルバイトに忙しい毎日。

時間を持て余した私はお昼間にたまたま見つけた
『既婚者の飲み会Cocodear』のイベントに参加してきました。
悪いことをしているわけではないけれど、やっぱり既婚者同士の飲み会となると
かなり緊張&期待が入り混じります。
若いときに経験したコンパのような感じかと想像していたら、もっと落ち着いた
まさに大人の飲み会。

司会の女性が話したあと、すぐに乾杯♪
すぐに隣になった男性が話しかけてきました。

『こう言うの、良く来るんですか?』

さっき着席するときにルックスはチェック済みだけど、なかなかの爽やかタイプ。

『今日が初めてなんです。』どことなくいつもよりも声のトーンが上あがってしまい
わざとらしくなってしまいました。

『僕は2回目かな。今日はよろしく』初めて会った男性とグラスを傾け合います。
結婚以来こんな風景さえ考えられないことで、初
初めから既婚者の飲み会に対しての印象がめちゃくちゃ良くなりました。

既婚者の飲み会ってどちらかと言うと陰に隠れたくなうるような感じだけれど
自分が参加してみるとそんな感じはぜんぜんありませんでした。

飲み会イベントは全部で2時間。その間 2回から3回席替えを指示してくれたので、多くの男性と話すことができました。

席替えのタイミングで、隣になった男性から『Line交換しようか』と言われ
若い頃に味わった何とも言えない嬉しさが湧き上がりました。
この先の方向を約束されたわけでもないのに、ドキドキ感が蘇りました。

既婚者の飲み会って、こんなに節度があってきれいな感じなんだ・・・と
気を良くした私は、帰りの電車の中で次回参加の申し込みを済ませました。
思っていたよりも安心して参加できる既婚者の飲み会は単調になりがちな
日常生活の良いスパイスになりました!

大阪で既婚者の飲み会を探すなら Cocodear大阪

手軽なネット予約でスマート移動

今年の北海道は雪の量が凄くて、冬本番を迎える前から私のワクワク感は

相当なものでした。

気軽に北海道でレンタカーを借りて空港近くで返却、搭乗と言う乗り捨てが

できるのは本当に便利です。

若い頃に流行って夢中だったスノボにまた凝り始めたのは去年のこと。

友達に何気なく誘われて行った地元の小さなスキー場で久しぶりに

スノボをやったら、そこで火がついてしまったのです。

私が北海道に住んでいた頃は、一人でも出掛けていってよく夕方まで

滑っていました。

北海道にはいけないけど、今年もその調子で、一人でも運転して行ける

比較的近いスキー場に何度も行って満足するつもりでした。

大学を卒業して、大好きなスポーツに関する事に携わりたいと

都内の有名スポーツメーカーに就職したわたし。

配属された部署は実際に製品に関わる部ではなかったので、数年は事務職で

頑張ったあと、希望して新商品開発部門に行くことができました。

年齢が上がるにつれて少しずつ責任のあるお仕事も任されるようになって

時間が取れなくなってしまい、スキーからはかなり遠ざかっていたのです。

 

それでも逆に考えると自分のスケジュールさえ組んでしまえばそれを中心に

お休みできるので決心さえすれば実現できた北海道スキー。

そこに訪れた種火になるスノボ。

数年ぶりに滑ったらすぐに感覚を取り戻して 以前よりも大胆な面白さを

発見できました。

こなったら、週末でも動ける!と一念発起した私は格安のチケットを使って

1泊2日で北海道スキーを楽しむことにしました。

北海道の空港からスキー場まではレンタカーを借りるのが一番便利。

北海道に発つ前の空港で、当日のネット予約だってできちゃう。

多人数の場合は無理でも、一人だと自由になるので車種もお任せでリクエスト。

世間では雪が多くて大変 とか寒い!とか雪を邪魔者扱いされることのほうが

多いけど、私にとっては嬉しい環境です。

前日ギリギリまで仕事に追われて段取る暇もない独身さんにとっては

北海道で当日レンタカーを借りるのもあり、と言うわがままなリクエストを叶えてくれるのは

やっぱりネット予約。

空港の待ち時間に出来るので便利です。

今週末も実家に寄りがてらスキーを楽しんできます!