新しい年になっていきなりの沖縄出張が決まり、心の中では嬉しい気持ちと

残念な気持ちとが入り混じって何とも言えない複雑な感覚でいた。

日本の北では寒波の影響で交通機関に大きな影響が出ているとか

センター試験に遅れた生徒が別室で受験したとか言う話を

テレビで聞くこの真冬の時期に沖縄なんて、そりゃ複雑な心境に

ならざるを得ないと誰もが思うだろう。

それも大体4日ぐらい、と言う曖昧な日程。

相手の仕事次第で延びることも考えられるらしいのだ。

荷物ももちろんだが、沖縄ではレンタカーを足にしないと

どうしようもない。

資料作りだけでもずいぶんと時間を取られてしまったので

全く余裕もなく当日を迎えてしまっていた。

同僚の話では思ったよりも簡単に沖縄に着いた当日、レンタカーを借りることが

できるという事だったので、敢えて後回しにしてしまったというのが本音。

真冬のこんな時期だからこそ、できるのかも知れないなと

一人で考えながら搭乗した。

.これが夏休みにかかるような時期だったらとんでもないことになっているだろう。

飛行機の中では眠りにつくつもりだったのだが、後ろのほうにいる

子供が寝ぐずりをしているらしく騒いでいたお陰で、タイミングを逸してしまた。

今日は空港でレンタカーを借りて早めにホテルに入ってゆっくりした後

ステーキでも食べに行こうと楽しみにしながら到着を待った。

それにしても冬でも沖縄那覇空港は人が多い。

これだけ観光客が居るなか、沖縄で当日レンタカーを借りると言う無謀な

ことをしようとしているのは自分だけだと思う。

そんな想像をしただけでも一人で笑ってしまいそうだ。

荷物を持ってさっさと飛行機をあとにしたらレンタカーを借りる手続きカウンターに向かう。

二人の女性が並んで迎えてくれたが、もちろん自分の好みの女性のほうに

話しかけた。笑

細かいリクエストなどを丁寧に聞いてきたが、とにかく自分ひとりなので

今回は完全なる『足』として使うので一番小さいクラスで充分だ。

と言うわけで手続きは10分ほどで完了。

東京のオフィスで準備しながらレンタカーの心配をしなくても

沖縄では当日レンタカーの手配が可能だということを身を持って証明できた出張になった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です